NPO法人婚活支援良縁どっと混む

婚活 あるある

新着情報

登録メンバー (35)

  婚活  あるある 

 

 
                       例えば、こんな事ありませんか?

「せっかくアドレスをゲットできたのに、その後がうまくいかない」何故?

 パーティの場面では、精一杯場を盛り上げて相手も

「楽しそうな雰囲気だったのに」 何で?

 こんな事聞いた事ありませんか?
 
 全てに当てはまる訳ではありませんが、男女に限らず

 パーティの席では「相手を気遣い、相手に話を合わせている」と言うことを

  
 こんな場面でつい「自分に気が有るのかも?」とか

「運命の出会いかも?」と思いその調子でアドレスを

ゲットできたとしたら・・・


でも、現実はなかなか難しく思い通りに進展しない。 何でなの?

ここで落ち着いて考えてほしいことは「流れ」です。

つまり、初めて会う時、お互いに知らないことばかりなので

相手のことを知りたいと思う

と、思いがちですが実は、興味のない人の事はそんなに

知りたいとは思わないのでは?と思うのです

でも、反対にすごく気になる人の場合は別ですが

大切なことは「話の中身」ではないでしょうか? 

ほんとに話が盛り上がっている時は「この人とは波長が合うかも」 

とか「もっと話していたい」とか「話が楽しくてつい時間が来てしまった」等

 
まだまだ話し足りない」「また会って話したい」という順番になり 
   
 そこで「アドレスの交換」になるのではないでしょうか

流れを無視して事を進めようとしても

うまくいかないのは当然かも知れませんね






  
    では、どんな話をすればいいのか?

   1、自己ピーアール 自分の話 仕事のこととか、趣味の話とか

   2、結婚したらこうなるよ・・・的な話

   3、家族の話

   4、自慢話   などなど

 でも、一つの考え方ですが、大切なことはこの他にあるのではと思います

 それは男性と女性の意識のズレです。

  婚活と書いてますが、パーティの時もお見合いの時も最初から男性と女性は

 そのイベントに対する考え方が違っているように感じます。それは

 男性 手っ取り早く彼女をゲットしたい。すぐにでも彼女になって欲しい。

   に対して

 女性 どんな人が居るのだろう? まずは話してから慎重に考えよう。

   みたいな状態なのかな?と思います。

 そのような状態の時に、上記のような話で果たしてお相手の気を引くことが
 できるのでしょうか。

  私の身勝手な考え方ですが、女性は「気の合う人」を探しているのでは

 ないでしょうか。「居心地のいい人」「気を遣わなくてすむ人」を選ぶのでは

 と思います。そんな考え方でいくと、「何気ない・たわいもない話」でもいいし

 いちばん大切な事は「楽しさ」なのかなと思います。