りく整骨院

フットルック

新着情報

  •  〒885-0055 宮崎県都城市早鈴町1506-1
  •  0986-36-7783
  •  9:00~13:00 15:00~20:00(土曜日は18:00まで)
  •  日曜日、祝日、水曜午後
  •  りく さん
  •  誰でも登録が可能
  •  店舗にお問い合わせ

登録メンバー (3)


当院は、フットルックで足裏を計測して、そのデータを参考に治療を行っております。
 



良い圧力分布

5本の指がきちんと接地して、足の裏全体で体を支えています。
重心が前後に分散されているため圧力分布に無理がありません。

外反母趾
足が変形していまう病気で足の親指が内側、つまりひとさし指側に曲がってしまうものです。
ひどくなると、親指のつけ根が外側に飛び出して激しい痛みを感じます。
そのため普通に直立しても痛みのため重心の位置がずれてしまいます。
そのため腰にも負担がかかり障害が起きる可能性が高くなります。

偏平足
土踏まずのバネがきかないため歩く時の効率が悪く余分な力が必要となり長時間歩くと疲れやすくなります。
左右バランスが不均等になりがちで、重心が不安定なため転びやすくなります。また足部で衝撃が吸収することが出来なくなり、障害が発生しやすくなります。腰部は背骨の生理的湾曲(S字)が消失した真っ直ぐな腰になりやすく、腰が伸びきってしまい且つ膝部は真っ直ぐに伸びてしまい衝撃を逃せなくなり腰痛などの障害の原因となります。

ハイアーチ
足の骨格構造が不安定な形になりがちなため、左右バランスが不均等になり足をくじきやすくなります。
左右バランスが不均等になりがちで、重心が不安定なため転びやすくなります。
あた足部で衝撃が吸収することが出来なくなくなり、衝撃が発生しやすくなります。
過度の運動をした時、足底部に炎症を起こすことがあります。


O脚
外側に圧力がかかる場合はとO脚と傾向が見受けられます。
足部の圧力が外側に偏るため痛みや障害が発生します。
腰部は骨盤に歪みが生じ、腰痛の要因となります。
膝部はO脚になると外側に広がっているため、重心が崩れるなどして障害が発生しやすくなります。


X脚
足裏の内側に圧力がかかるX脚の傾向が見受けられます。
その為、足部の重心が内側に偏るために痛みや障害が発生します。
腰部は骨盤に歪みが生じ、腰痛の要因となります。
膝部はX脚になると内側に入るため重心が崩れるなどして障害が発生しやすくなります。


親指がつかない

親指が地面に付かないため踏ん張る力が下がり、それを補うため太もももしくはお尻に無駄な力が入りやすくなります。
親指を使わずに走行すると太もももしくはお尻に力をかけなしと走行しにくいためそれにともなう障害が発生する可能性が見受けられます。

親指以外がつかない
足親指以外がつかない時は、ふくらはぎもしくは足首に無駄な力が入る傾向が見受けられます。親指以外を使わずに走行するとふくらはぎもしくは足首に力をかけないと走行しにくいためそれにともなう障害が発生する可能性が見受けられます。

ローアーチ
足裏の中心部のみに圧力がかかる(ローアーチ)場合は足裏の組織が圧迫され疲労が早くたまりやすくなります。
足指が浮いてしまい尚且つ腰から真下に当たる足の中心のみに圧がかかっている時は体重を腰のみで体を支えている傾向にあります。そのため腰に無駄な力がかかるため腰痛になりやすいと思われます。
また腰痛に加え反り腰の傾向が多く見られます。